子供の受験より不倫が最優先のお母さん
1391:こんなおばさんでもいいの? 2021/03/08(月) 12:00:00
先月まで家庭教師のバイトをしていた大学生です。

教え子は小〇生の男子で、志望校に見事合格してくれました。

俺の力ではなく彼自身の頑張りのおかげですね。

なんせこの俺と来たら、彼のお母さんとSEXばかりしてたんですから‥‥。

彼のお母さんはケーキを差し入れしてくれたり食事をご馳走してくれたりと、何かと俺にサービスしてくれて親切な人だなという印象を持っていました。

女性にしては背が高くおっぱいは小さめで色っぽい目付き。

38歳2児の母で大学の女子と比べたらおばさんですが、服装もお化粧もバッチリ決めていて大人の女性ならではの魅力がありました。

女慣れしてなかった俺は、彼女の部屋で勉強スケジュールの進捗状況の相談をしている時に誘惑されて、あっという間に熟女の体に溺れてしまいました。

いつも授業が終わってから、ベッドが置いてある部屋に鍵をかけて最長で1時間以上こもっていましたから、子供達は不審に思っていたかもしれません。

鍵穴は小さく覗かれる心配こそありませんでしたが、何となくドアの前に誰かいるような気配を感じたこともありましたね‥‥。

子供の受験より不倫が最優先のお母さんはキスが好きで、俺を自室に招き入れて鍵を閉めるとすぐにキスしてきました。

おっぱいを揉みながら5分近くディープキスするのがいいみたいで、糸を引きながら唇が離れると目が潤んでメスの表情になっていました。

盛り上がって本格的にSEXしてしまった時もないではありませんでしたが、大体の場合は前戯10分、挿入10分程度。

それでも、いつ子供達からお呼びがかかるかわかりませんからスリリングでした。

もしもの時を考えエッチな会話はすべて小声で、彼女のスカートは脱がさずパンツだけ脱がして挿入していました。

パンツはTバックだったり透けていたりして、毎度楽しませてもらいました。

騎乗位の最中に子供に呼ばれて、ノーパンのまま部屋を出て行ったことも。

それで戻ってきたらまた嬉々として俺のチ〇コを立たせて跨るんですから悪いお母さんです。

万が一にも妊娠させないように中出しは一度もしませんでしたが、彼女は俺の精液を飲みたがったので口内射精することが多々ありました。

射精しながら吸われると気持ちよくてドバドバ精子が出ましたね。

しかし飲んでから口をゆすがないとかなり臭いますし、教え子は一見そんな風に見えなくてもゴミ箱の状況からして日常的にオナニーしていたようでしたから、お母さんの口からあの臭いがするのは結構ヤバかったんではないかと‥‥。

家庭教師の契約が終わって彼女とお別れになるのは正直言って寂しいですが、これ以上こんな行為を続けているとプレッシャーでハゲるんじゃないかと心配だったので、後腐れなくサヨナラできて本当によかったです。