ねぇ、おばさんのカラダにそんなに興味あるの?
1402:こんなおばさんでもいいの? 2021/03/12(金) 06:00:00
バイト先のスーパーで一緒に働いてるHさんは40代の化粧が濃いおばさんなんだけど、おっぱいとかケツとかそういう雌要素がご立派で魅力的。

そんなにデブってわけじゃないのにムチムチぼよんぼよん。

ついつい仕事中に目で追ってしまう。

で、そういう男のスケベな視線に女性って敏感じゃないですか。

Hさんも例外ではなく俺がエロ目線で見てることにすぐ気付いたようで、ある日ふたりきりになった時「ねぇ、おばさんのカラダにそんなに興味あるの?」と冗談めかして言ってきた。

ここで変に誤魔化してもきしょい奴と思われるだけだろうから開き直って「めちゃめちゃあります!」って答えたら、それが好印象だったようでHさんはニコッと笑って「そうなの。じゃあ見せてあげよっか?」なんて話になり、俺は「お願いしまーす!」と…。

なんだかその場の勢いだけでえらいことになってしまった。

見せてあげよっかって絶対見せるだけじゃ済まなくなるパターンでしょそれ。

いくらカラダに興味あっても不倫は怖いんだが。

でも今更チキっても何の得もないので、その2日後に俺の家まで来てもらった。

名目上は普段ろくなもん食ってないバイト学生に手料理を振舞うとかいうまっとうな訪問理由だったけど、実際には俺が食うと言うよりむしろ食われた。

どうやらHさんは俺より飢えてたらしい。

聞けば旦那さんとは5年以上ご無沙汰なんだとか。

まず最初に裸を見せる時からして「恥ずかしいなぁ…」とか言いつつ堂々と下着まで脱いでくれたし、見せたがるのも納得って感じの美ボディだった。

40代でも努力次第でメリハリのあるスタイルになれるんだな。

もちろんおっぱいとケツにある程度ボリュームがないと努力しても報われないんだろうけど、Hさんはその条件を余裕でクリアしてるからやばいほどエロい。

年齢が自分の倍のおばさん相手にフル勃起してしまう。

それで「どうかな?」って感想聞かれたけど、口で言うより見せた方が早いなって思ってチ〇ポ出した。

そしたらHさんは目をギラギラさせてすっぽんみたいにチ〇ポに吸い付いてきた。

亀頭をしゃぶりながら柔らかい手を使って竿をシゴくのも忘れない。

金玉も優しくモミモミしてくれた。

急に快感が来たせいで先走りどころか精液もちょびっと漏れた。

でもそんな程度じゃチ〇ポはギンギンのまま。

もう当然のように「ベッドでしましょ」って流れになって、しかも「今日は中に出しても平気だからいっぱい可愛がって」なんて言われたもんだから、俺は獣になってしまった。

Hさんの年齢を感じさせないキレイなオマ〇コを舌を使って濡れてきたら即挿入。

ユルめだから奥の方までヌルッと入る。

こんな雑なセックスでもHさんは「あぁ~これこれ!かたぁ~い!」っておっぱいをぶるんと揺らして喘ぎまくり。

なんかその声を聴いてると猛烈な興奮状態になって、両手で巨乳掴んで乳首つねって後先考えずに腰振りまくって1発目の中出し。

その後もチ〇ポが立ったので体位を変えながら2発、3発と中に出してしまった。

馬鹿になりそうな快感。

中出しの時は俺ってこういう瞬間のために生きてんだなって思えた。

その代わり、めちゃめちゃ疲れた。

俺は疲労でゲッソリしてたけど「3回も出しちゃうなんて…よっぽど溜まってたんだ」とHさんはニッコリ。

「おばさん相手に頑張ってくれてありがと。よかったらまた今度相手してね」って言われたんで来週ぐらいにまたやっちゃうかも。