淫乱ママさんは本能が欲するままにイクイク絶叫する
2796:こんなおばさんでもいいの? 2022/06/19(日) 20:00:00
マッチングアプリを使って巨乳妻をセフレにした。

趣味友を希望していたくせに、いざ会ってみたら旦那がインポなせいで欲求不満で困っていると相談してきたので、ラブホで性欲発散に付き合ってやった。

スケベそうなニヤケ面をしているだけあって貪欲に俺にペ〇スを求めてきた。

それからはほぼ週1ペースで合体している。

30代後半でやんちゃな子供が2人いて家事の傍らパートで働いてヘトヘトらしいのに、セックスする体力は有り余っているらしい。

昨日は昼過ぎにラブホ(ほぼ満室だった)へ行って、部屋に入ったら即シャワー。

休憩1時間だから世間話している時間なんてないし、そういうことは移動中に終えている。

ちなみに車内では小〇1年生の娘さんの誕生日プレゼントは何がいいかとかそんな話をした。

いやはや子供思いの素晴らしいママさんだ。

彼女が先に、続いて俺がシャワーを浴びたら後はもうヤるだけ。

ベッドで俺の胸板に巨乳を押し当てながらキスしてくる彼女の尾てい骨辺りを優しく撫でる。

それから耳を舐めてやると彼女は興奮で目をトロンとさせて、ピンピンに硬くなった乳首を指先で転がすと呼吸をはぁはぁ荒くする。

アソコだけは避けるようにして焦らしつつ、鎖骨、腋、脇腹、手足の指の間、太股、尻、アナルを愛撫。

すると彼女は股間から透明の粘っこい汁を垂らしながら、俺のペ〇スにむしゃぶりついてきた。

唇と舌を使って亀頭を刺激し、それと同時に竿をシコシコ扱くことも忘れない。

フェラと手コキ、どちらも抜群にうまい。

俺はそこそこ持ちがいい方(遅漏)だと思うが、彼女に手コキフェラされる時はイカされないように細心の注意を払う。

ここだけの話、彼女のアソコよりも気持ちいいので。

だからと言って風俗じゃあるまいしフェラ抜きで俺だけスッキリして帰るなんてわけには行かない。

セックスフレンドは相手を悦ばせてなんぼ。

そこで俺は満を持して彼女のビラビラを開いて手マンし、大洪水状態の中を掻き回して更にビチャビチャにさせてからシックスナイン。

彼女はクリが弱く集中的に攻めるとすぐイってしまうので、尖らせた舌の先端で軽く舐めるだけにしておく。

もどかしそうに陰毛を顔に擦り付けてくるが、それでもイかせてやらない。

「舐めて…お願い」

30代後半のスケベ顔の巨乳妻が「イカせて」と俺に懇願する。

娘の誕生日プレゼントのことなんてもう頭の片隅にもないだろう。

俺は彼女のむっちりした尻を鷲掴みにし、皮が剥けたクリをぶちゅ~っと吸ってやった。

その直後。

「あぁ~イっちゃうよぉ!イっちゃう~!イクッイクッイクッイクゥゥゥゥ~~ッ!お゛っ!!」

彼女は痙攣絶頂した。

一度イクと彼女はぐったりするが、その時間はそう長くは続かない。

5分もすれば今度はペ〇スでアソコを穿られて、淫乱ママさんは本能が欲するままにイクイク絶叫することになる。

手コキフェラの方が気持ちいいと書いたが、ここまで来れば俺もガマン汁ダラダラ状態なので、屈曲位で奥を突きまくってまともな受け答えができなくなるほど絶頂させてから射精した。

中には出せないのでびくんびくんと波打つ巨乳にぶっかけ。

これだけイカせてやっても彼女はまだヤりたりないそうだが、あまり満足させすぎてしまうと次回のセックスがむしろ遠のくので、あえて腹八分目で終わらせる。

そうしておけば、また今度も俺のペ〇スを貪欲に求めてくれる。

この欲望のコントロールが上手くいっている限りセフレ関係は安泰だろう。