人妻のくせに他人棒生入れをご希望とはさすがヤリマン
2801:こんなおばさんでもいいの? 2022/06/21(火) 12:00:00
工場で一緒に働いてる元ヤンのおばさんとSEXした。

おばさんは36才なのに派手な金髪、ピアスじゃらじゃらで人懐っこい性格してる。

子供が4人もいるそうなのに腰がくびれてるし、デブ・ガリ・ブスのおばさんが大半を占めるうちの工場ではトップ3に入る美人。

前々からいいなぁと密かに思っていたが、おばさんの方も新入りの俺のことを熱い視線で見てたようで、飲みのあと帰ろうとしてたらラブホに誘われた。

「子供が邪魔で家だとエッチできないんだよね~」なんて言ってて、浮気ってことは全然気にしてないみたいだった。

むしろ俺の方が心配になって結婚してるのに大丈夫なのか聞いたら、なんでも旦那が浮気容認派だから問題ないらしい。

そんなのフランスじゃ珍しくないとか何とか。

ここは日本なんだが…。

あとマジなのか知らんが、4人の子供のうち確実に旦那の子なのは2人だけとか言ってた。

見た目通り、いやそれ以上のヤリマンみたい。

そんなヤリマン相手に遠慮するのもアホらしいってわけで、酒の勢いを借りておばさんと物陰でブチューっとディープキスしてから、フル勃起状態でラブホに入る。

もう興奮が収まらず、部屋に入る前に抱き付いて尻にチ〇ポをぐりぐり擦り付け、部屋に入ってすぐにパンツ脱いでおばさんにしゃぶってもらった。

おばさんは初体験したのがC学に入る前の春休みとか言ってるだけあって、巧いだけじゃなくてエロい。

ジュポッジュルジュルブヂュ~っという下品な音だけで気持ちよくなっちゃう。

しゃぶられる前からビンビンだったチ〇ポが更に血管バッキバキになる。

「このチ〇チ〇おいしい」

汗と尿の臭いが凝縮されたチ〇ポを平気で舐めてそんなセリフを言えるとは…。

俺も負けじとおばさんを裸にしてマ〇コを舐めようとしたら「洗ってないからダメ。臭いし」と言って手でしっかりガードされた。

舐めるのはいいけど舐められるのは嫌と言うヤンキー精神か?

どうでもいいけど裸でマ〇コだけ隠してる女の姿って凄まじくエロいと思う。

とりあえず股間を舐めるのは諦め、首筋や乳首を舐めるとおばさんは「あんっあぅんっ」と喘いで手足をピクピクさせる。

結構感じやすいみたいで、色々な部分を舐めているうちにマ〇コがビショビショになってた。

愛液の匂い?が結構やばかったので舐めなくて正解だったかも…。

おばさんは卑猥に濡れたマ〇コを俺に向け、入れていいよと目で合図してくる。

人妻のくせに他人棒生入れをご希望とはさすがヤリマン。

酒の勢いを借りて遠慮なく突っ込むと4人産んでるだけあり多少緩かったが、人妻と生ハメしてるって非日常感で一気に射精感が込み上げてくる。

「出したくなったら出しちゃっていいからね!」

動物みたいな体位で俺にチ〇ポを突っ込まれながら嬉しいことを言ってくれる。

人妻を孕ませるリスクを考えたら中出しなんて滅相もないと思うところだが、バックハメでイキそうになってる時に出していいと言われたら普通出しちゃうでしょ。

むしろそんな状況で出さないで我慢するやついる?

たぶんそういう人は雄としての本能が弱ってると思う。

だから俺は本能が命じるままに、おばさんの子宮めがけて精子をぶちまけてやった。

死ぬかと思うほど気持ちよかった。

とにかくこの時の快感は半端なくて、出したそばからその快感だけでまたチ〇ポが甘立ちするレベル。

おばさんのぐちゃぐちゃになったマ〇コが泡立ってるのを見てフル勃起して、抜かずにまた腰を振る。

「もう元気なんだ~若いね~」

エロいにやけ面を浮かべるおばさんにキスして突きまくり、今度は正常位で中出し。

「まだやれる?」

そう聞かれた俺が頑張ると答えると、おばさんは俺の乳首を弄りながらスマタしてくれて、勃起してきたらそのままぬるっと挿入。

3発目の中出しは騎乗位だった。

一通り終わってから後先考えずに中出ししたことをちょっとだけ後悔したが、おばさんは一応ピルを飲んでるみたいに言ってたのでたぶん大丈夫だろう。

たとえ妊娠の心配がなくても病気を移される心配があるが…大丈夫だろう。

あの日から1週間すぎても特に気になる症状はないし…。

…やっぱりゴム使えばよかったかも。