最高齢の奥さんがダントツで淫乱なのが驚きです
8:こんなおばさんでもいいの? 2019/12/03(火) 12:00:00
奇跡って案外身近にあるものなんですね。

某出会い系で一ヶ月ほど地道にやり取りして、ようやく顔合わせに漕ぎ着けた女性が、なんと同じ町内の奥さんだったんです。

年齢は確か50歳で、私より8つ上です。

がさつな私の嫁とは対照的なとても上品で清楚な美熟女で、密かに憧れていました。

嫁の小振りな胸とは比べ物にならない豊かな乳房も魅力的でした。

しかし、まさかセフレ目当ての出会い系でばったり会うことになるとは。

「旦那さんに申し訳ありません」

「奥様に合わせる顔がありません」

お互い頭を何度も下げ、気まずい空気が流れました。

私はこの時、もうこれは仕方ない、運が悪かったと諦めていました。

ところが奥さんは、「このことは二人だけの秘密にしないといけませんね」と、意味深な笑みを浮かべます。

そう、私がお淑やかな熟女だと思っていた奥さんは、意外なことに肉食系だったんです。

「奥様に合わせる顔がありません」という、しおらしい言葉はどこへやら、私達はいそいそとラブホに入りました。

衣服を脱ぎ捨てるまでは、奥さんはまだ上品な大人の女性でした。

野生動物と同じ全裸になった彼女は、まさしくケダモノでしたが。

人は皆、仮面の下に本性を隠して生活していると言いますが、それにしてもあそこまで乱れるとは。

私の女性経験は嫁を含めて6人ですが、その中で最高齢の奥さんがダントツで淫乱なのが驚きです。

下品な淫語を叫ぶと興奮する性癖らしく、生の肉棒で肉穴を抉られながら「オマ〇コ気持ちいいぃーー!!」「オチ〇ポ好きなの!オチ〇ポ大好きぃーー!!」と絶叫していました。

やや垂れ気味の巨乳を揺らして、ドロドロの肉穴は痙攣するように収縮を繰り返し、何度も激しくイッていることが感じ取れました。

私がイきそうになると「中はダメ!精子飲ませて!」と言うので顔面の前に肉棒を出すと、むしゃぶりつくようなバキュームフェラ。

4日溜めた濃い精液を一気に吸い出されて、まるで初めて射精した時のように腰がガクガクになってしまいました。

しばらくまったりしてから再戦し、私が2回イクまでに奥さんは何十回もイッたと思います。

この日のセックスで合格を頂き、奥さんは晴れて私のセフレになってくれましたが、元々多くなかった嫁とのセックス回数が更に減ったせいで少々怪しまれています。

二人を相手していたらさすがに体が持ちません。

どうしたらいいんでしょうか。